バランサーで輝く日本の未来|進化し続けるテクノロジーに迫る

作業員

金属の試験

工場

機械や構造物に使う金属は精度がとても需要です。劣化したり金属疲労で折れることもあり、精度の確認は重要です。引張試験を行い、金属の引張荷重や弾性限度を確認するという方法があります。

完成度が高い

機械

精密機械加工技術は、様々な商品がありますがその中でも注目を集めているものに金属3Dプリンターがあります。高い精度を期待することが出来ますが、高額となっているので簡単に購入することは難しいものだといえます。

基礎知識を得る

男性

試験片とはどんなものか

物質に規定された負荷をかけたり、変化をつけた負荷をかけることで耐久性を測る方法があります。その方法のことを材料試験と言います。材料試験をする時は実物と同素材の物質を試験用の形や大きさに加工します。これを試験片と言います。試験片は試験方法により様々な種類があります。引張試験片は素材の伸びや破損するまでの強度を確認するためのものです。腐食試験片は化学反応などにより変質するまでの強度を調べるためのものです。疲労試験片は繰り返し負荷をかける事への強度を調べるためのものです。その他精密試験片、靭性評価試験片などいろいろあります。試験片の加工法は通常切断加工や形状加工の二つが用いられます。加工する過程で高温になったり、切断するときに変形したりすると試験データを正しく導き出せません。ですから化学変化などを起こさないように注意する必要があります。

試験受託会社の取り組み

試験片の大きさも沢山の種類があります。大きい物だと50センチ以上、小さい物だと数ミリのものもあります。また新たに加工せず、直接実機から切り取ってそれを加工し試験する場合もあります。試験をする時は試験片を固定する冶具というものが必要になります。これも場合によっては加工しなければいけません。試験受託会社ではこの冶具の製造も行っています。また規格試験以外の試験を試してみたいなどの対応もしているので、相談してみる価値があるでしょう。現在、試験受託会社では各種試験の他にもいろいろな事に取り組んでいます。例えば新素材の開発や支援、新しい試験方法の提案などです。その他に機器の設計やメンテナンス、人材の派遣などを行っているところもあります。活躍の場も自動車や飛行機などの乗り物から、プラントや医療機器の開発など多岐にわたっています。また、バランサーやプリント基板など、わたし達が生活する上で重要な役割を担う機械はこれからも増え続けるでしょう。

徐々に普及

システム

タッチパネルモニターは、スマートフォンのように画面タッチで操作することが出来るものになっています。また、専用のソフトウェアが必要となってくるのですぐには普及出来ないものだと考えられます。